読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oOだやんの闘病備忘録Oo

2000年の子宮頸がん発病以降、7回の癌を経験。 自分でも忘れない為、経験した闘病生活や、自分で調べた知識などを備忘録として書いています。 抗がん剤後の髪なんかも明るく公開中!(笑)

子宮筋腫の知識~どんな病気?~

病気の知識 [2006]子宮筋腫

今回からスタートの子宮筋腫の知識。

1回目は筋腫がどんなものなのかを説明していきます。

どんな病気なの?

子宮筋腫は成人女性の4人に1人にみられる、女性では最も頻度の高い良性の腫瘍だそうです。 悪性化も滅多にはないらしい。

発生原因は今だ不明だけど、卵巣ホルモンの機能が活発化する20~50歳代の年齢層の時に子宮筋腫が大きくなる傾向があって、閉経後はだんだんと小さくなっていきます。このようなことから女性ホルモンが関係してるって言われてます。

良性なので、筋腫による不快な症状がなかったら、そのまま筋腫とうまく付き合うこともできるし、年齢が高く閉経が近い場合は薬で抑えていってそのまま閉経・・・という場合もあります。

 

遺伝はするの?

遺伝するかどうかはまだ解明されてないみたいだけど、筋腫のある家系ではない家系より3~4倍の確率で筋腫になるそうです。

 

発症したらどうなるの?

筋腫が発症すると最初に子宮にある筋肉に筋腫核という小さい芽状のものができて、20~50歳の間にこの芽が大きくなっていきます。

筋腫核の成長を手助けする卵巣ホルモンが活発化することが原因とも考えられているそうです。

子宮筋腫が大きくなるスピードについては個人差があって、すごく早いスピードで大きくなる人もいれば長期間かけてゆっくり大きくなっていく人もいるし、もちろん何年も大きくならない人もいます。

 

 

ブログランキング参加中♪

下のバナーをぽちっとしてくれると励みになります♪

にほんブログ村 病気ブログへ