oOだやんの闘病備忘録Oo

2000年の子宮頸がん発病以降、8回の肉腫と転移を経験。 自分でも忘れない為、経験した闘病生活や、自分で調べた知識などを備忘録として書いています。 抗がん剤後の髪なんかも明るく公開中!(笑)

病気の知識

子宮をとったあとのこと~その2~

今日は子宮をとったあとの性生活や、退院後の生活について 性生活について ほとんどの手術が膣はそのまま残っているので、性生活にはほとんど支障がないそう。 でも、性交には精神面が大きく影響するので、誤った知識や子宮がなくなったことに対するひけめを…

子宮をとったあとのこと~その1~

私自身子宮を全摘するなんてことは全く考えてなかったけど、こうなってどうなるのか不安な部分もいっぱいありました。 退院する前に病院でもらったパンフレットを参考に書きたいと思います 子宮をとったあとの体の中 膣はほとんど切断せず、長さは変わらない…

子宮筋腫の知識~治療方法・腹腔鏡下手術~

子宮筋腫の知識、最終回は腹腔鏡下手術についてです。 腹腔鏡下手術や子宮鏡下手術は、近年急速に普及している手術方法です。 手術の傷を小さくする事で患者さんの身体的負担や術後の痛み、癒着などを抑えるために発展した手術方法と言えます。 腹腔鏡手術 …

子宮筋腫の知識~治療方法・開腹手術~

筋腫の手術方法として、子宮全摘出手術と子宮筋腫核手術の2つに分かれます。 どちらの手術方法を選ぶかは、子宮筋腫の位置や大きさ、癒着の有無のほか、できるだけ患者さんの希望やライフスタイルなどを考えて決定されるようです。 この代表的な手術方法を2…

子宮筋腫の知識~治療方法・子宮を残す?残さない?~

今日は子宮筋腫の2つの手術方法についてです。 子宮筋腫の手術には子宮を丸ごと摘出する子宮全摘出手術と、筋腫のみ摘出する子宮筋腫核手術の2つの方法に分かれます。 手術にはどちらの方法も入院が必要になります(期間は病院によって異なります)。 子供が…

子宮筋腫の知識~手術以外の治療方法~

子宮筋腫の治療では今までは経過観察・薬物療法・手術療法の3つの治療法がありました。 現在は医学の発達もあり、”切らない治療法”もあります。 今回は経過観察と薬物療法のおはなしです。 経過観察 小さな筋腫で特に症状のない人や、ある程度の大きさと症状…

子宮筋腫の知識~筋腫の診断方法~

今回は筋腫の診断方法です。 はじめの検査では、問診・内診・超音波検査をして、子宮筋腫の大きさや位置などがわかり診断が確定し、その後血液検査やCTなどの画像で詳しく検査をします。 問診 患者さんが記入した問診表をふまえて医師が質問・確認する診断…

子宮筋腫の知識~筋腫の症状~

筋腫の知識、3回目は筋腫の色々な症状についてです。 軽いものから重いものまで様々な症状があります。 子宮筋腫の症状は? 子宮筋腫があっても、その全ての人に症状が表れるわけではなく、子宮筋腫の60~70%は無症状で、自分自身が子宮筋腫を持っているこ…

子宮筋腫の知識~種類~

筋腫の知識、2回目は筋腫の種類についてです。 どれぐらい種類があるの? 子宮筋腫の種類は色々あって、細かく分けると8種類ほど・大まかに分けると3種類ほどあります。 子宮筋腫が子宮の中のどの部分にできるかによって症状や治療の方法が少しずつ違ってき…

子宮筋腫の知識~どんな病気?~

今回からスタートの子宮筋腫の知識。 1回目は筋腫がどんなものなのかを説明していきます。 どんな病気なの? 子宮筋腫は成人女性の4人に1人にみられる、女性では最も頻度の高い良性の腫瘍だそうです。 悪性化も滅多にはないらしい。 発生原因は今だ不明だけ…

お薬の知識~リュープリン~

作用と効果 ホルモンの分泌をコントロールすることで病気の治療を行うことが目的の、ホルモン抑制剤。 リュープリンには、強制的に閉経状態にするという特徴があり、閉経状態になると、女性ホルモンの分泌量が減少するために、閉経前の女性が患う子宮の病気…

融合性骨盤腎について

小学生の頃に発覚した骨盤腎。 昔はまだ病名もなく(医師が知らなかっただけかも?)、奇病とされてきましたが、今回病名もわかり、自分なりに調べてみました。 融合性骨盤腎とは 体の左右に存在しているはずの腎臓がつながってしまう病気のことです。この病…

子宮頸がんの知識~治療方法~

子宮頸がんの知識、最終回は「治療方法」。 ステージごとの治療方法も書いています。 主な治療方法 手術療法または放射線療法 治療法は年齢・全身状態、病変の進行期を考慮して選択され、治療成績は手術・放射線ともほぼ同じだが、日本では手術が可能なII期…

子宮頸がんの知識~検査・診断とステージ~

子宮頸がんの知識、2回目は「検査・診断とステージ」。 0期~Ⅳ期まであるステージは細かく分かれています。 検査 子宮頸部を綿棒などでこすって細胞診用の検体を採取し、細胞診で異型細胞が認められた場合には、腟拡大鏡(コルポスコープ)で観察しながら、…

子宮頸がんの知識~症状と原因~

思わぬところから子宮頸がんが発覚して、まったく何もわからない状態だったので、自分なりにいろいろ調べてみました。 全3回の予定の「子宮頸がんの知識」。 1回目は「症状と原因」です。 子宮頸がんとは? 子宮頸部の上皮(粘膜)から発生するがんのこと。 …